首の小さいイボを皮膚科で取る治療の特徴!ハサミや液体窒素のメリットやデメリット

首イボが出来てもほとんどの場合が良性(別名老人性イボ)になります。

首イボは放置していても身体に害はありません。
角質が固まって出来るので、古い皮膚は悪害がある訳ではない為です。

でも、自然に治る可能性はなくイボが大きくなったり数が増えたりすることも有ります。

首にイボがポツポツと有ると見た目も不潔そうですよね。
そのため、イボを治して綺麗な肌を取り戻したいと思っている方は多いです。

首イボを早く治したいなら病院で治療したほうが良いんではないでしょうか。

首イボを治すには皮膚科や美容皮膚科になります。

病院で治すにはどんな事をするのか不安な方もいると思うので、
よくおこなわれる治療方法をいくつか述べたいと思います。

首のイボを皮膚科で取る3つの方法

病院での治療方法に関しては下記の3種類があります。

  • ハサミで切る
  • 液体窒素
  • レーザー治療

ハサミや液体窒素で取る方法は皮膚科で治療が行われています。ただ、レーザーに関しては美容クリニックでの取り方となります。

どの治療方法に関しても痛みがあることが多いです。人によっては全く何も感じないこともありますが、口コミを見ても痛いのがつらいと悩まされています。

それぞれの方法について特徴を詳しく解説をしていきます。

ハサミで切り取る特徴!痛みや跡が残るリスクがある

小さなイボなど数が少なければ麻酔などはしなくてハサミで切り取る事もあります。

ハサミで除去する方法は聞いただけでも、痛みが心配になる人も多いです。実際に施術中に痛みを感じることがあります。

出血はほとんどありませんが、傷跡が残ることがあります。

間違っても駄目なのが自分でハサミで切る方法です。人によっては爪切りやピンセットを使うこともありますが、それは必ず行わないようにしてください。

ハサミで切るのであれば必ず皮膚科で治療をしてもらうようにしてください。激痛や跡が残ってしまうリスクも高くなります。

液体窒素治療での特徴!経過はかさぶたになり取れる

約-196℃の超低温の液体窒素を綿棒に付けて、イボを擦るようにして取る方法です。角質が原因となるイボだけでなく、ウイルス性の治療にも使われる方法です。

凍結した部分は約1~2週間でかさぶたになり剥がれ落ちます。皮膚を低温火傷させて細胞を凝固する取り方でもあるので、痛いことが特徴でもあります。

治療の経過としては施術をした日は赤い跡が数日間残ります。これは皮膚の刺激を与えてしまっている為であり、人によってはそのままシミと同じように、メラニンが色素沈着をすることもあります。

だんだんとカサブタとなり。剥がれ落ちていき首イボを取ることができる方法です。

皮膚科での治療で液体窒素が使われることが多いですが、痛みと跡の面で気にする方はいます。

レーザー治療の特徴!美容皮膚科で行われう治療

炭酸ガスレーザーをイボに照射して焼き切る治療です。

治療後は皮膚にレーザーをあてるためその部分が赤くなったりするので、見た目は目立つ時期があります。

痛みや出血はあまりなく、レーザーをイボのみに照射するのでイボ周りの肌えの負担を少なくする治療方法です。

レーザー治療はイボが大量にある方は、傷跡もあまりわからず再発も少ないので良い治療方だと思います。

レーザーは魅力的な方法ではあります。しかし、健康保険が適用されない事が多いので高額な治療費になります。

病院治療も幾らかのメリット、デメリットがあるので下記にあげる事を参考にして治療してもらえたらと思います。

皮膚科で首イボを取る治療のメリットとデメリット

皮膚科で首イボを取る治療もメリットやデメリットはいくつかあります。

首イボを皮膚科で取るメリット

  • その場で除去するので即効性がある
  • 全てを専門家の指示に任せればいい

首イボを皮膚科で取るデメリット

  • 痛みがある
  • 跡が残るリスクがある
  • レーザーは治療費が高額になる
  • 原因の解消はしていない

首イボはもともと再発をする人が多いことで知られます。ハサミや液体窒素で除去をしても、原因となっている肌の衰えのケアをしている訳ではありません。そのため、少したつとまたイボができてしまうこともあります。

治療後はヨクイニンが配合されたクリームなどを使って、自分で取る方法と同じくケアをしていくようにしましょう。皮膚科で首イボを取る治療のメリット

皮膚科で首イボを取る治療のメリットは即効性

皮膚科で首イボを取る方法は自宅でのケアと違って即効性があります。

治療方法は3種類ありますが、どれも共通をして除去をします。イボと皮膚の接合部分を除去をその場でする方法でもあるので、即効性があるのですね。

イボの数が多ければ肌への負担も考えて、数日に分けて施術が行われていきます。1日に10個から20個程度を取ることができる方法と考えておくと良いです。

薬やクリームでのケアだともともとの角質を排出する働きを高めていきます。皮膚科のように強引に切除をしている訳ではないので、取れる速度が最大のメリットです。

デメリットは痛みや跡が残ったり繰り返し発症をする

皮膚科で取るデメリットはどれも痛みと跡が残る可能性がある点です。

自宅ケアと違いもともとの原因となってる、角質を排出する働きを高めている訳ではありません。そのため、原因の改善はできていないので、繰り返し発症をしてしまうことがあります。

また、痛みや跡が残ってしまうのがデメリットでもあります。特にハサミで切る方法は聞くと恐怖心も高くなるものです。ただ、実際は液体窒素の方が、もっと痛いとも言われています。

即効性はあるものの原因の解消はしていないので、また痛みや跡が残るリスクを経験したくないのであれば、きちんとクリームなどでケアをしていくようにしましょう。